スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン流しのレバー 

キッチン流しのレバーの使い方として、レバーは最下位置にガツンと当たるまで、押すとNGで今回のようにぐら付く原因となるということでした。
しかし、押せてしまう以上は押してしまう可能性もあるので、防止する対策を施しました。

キッチンレバー対策1

写真のようにレバー稼動部にロープを巻きつけることで、最下点までレバーを押し下げられないようにしています。

ただし、見た目が悪いので何とかならないかと思い、一条さんに問い合わせ中(1/31)で、回答待ちです。
押してはいけない位置まで、押せなくすることはできないものかと・・・

キッチンレバー対策2

あまり、気にしたことはなかったのですが、このレバーは「エコノッチハンドル」ということで、「節水用ノッチ感付」というシールが書いて有りました。
知らず知らずですが、節水に貢献してくれていたらしいのですが、それ以前に壊れない対策も機能に入れておいて欲しかったです。

【関連記事】
  流しのレバーのぐら付き&つまり
  キッチン給水金具の修理
  1階キッチン排水




コメント



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://road2myhome.blog50.fc2.com/tb.php/896-0a62a521

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。